会社の取り組み

エコアクション21への取り組み

エコアクション21は、中小事業者等の環境への取組を促進するとともに、
その取組を効果的、効率的に実施するため、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステムであり、
環境にやさしい経営の取組みに対して審査し、認証を与える制度です。
当社では、以下を環境経営方針として、2010年から目標設定して取り組んでいます。

環境経営方針

企業理念

私たちは、地域社会に感謝の心を忘れず、常に貢献します。
私たちは、係わるすべての人が、より幸せになるために行動します。
私たちは、誇れる自分になり、明るく、楽しく、協力して働きます。

環境理念

環境経営問題は、自動車販売、整備に携わる事業者として重要課題です。
環境にやさしい自動車の販売、エコ整備の普及・促進を通じて
燃費の向上による排出ガスの清浄化、リサイクル部品の積極的な活用による資源の有効利用を行い社会に貢献します。
また、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、水使用量の削減に取組みます。

行動指針

  1. 1.環境経営目標・環境経営計画を定め、定期的に見直しを行い、継続的な改善に努めます。
  2. 2.資源の有効活用のため、廃棄物の分別廃棄、リサイクル回収及びリサイクルパーツの活用に努めます。
  3. 3.自動車販売業務において、燃料消費効率のよい車種の販売に努めます。
  4. 4.当社の事業活動において、環境に与える影響を削減するため、次の事項に対して優先的に取り組みます。
    1. ①自社での電力・燃料の消費に伴う二酸化炭素排出量の削減
    2. ②燃料使用量の削減
    3. ③水源有効活用のための節水
    4. ④お客様の自動車環境性能、及び安全性維持のための定期点検の促進
  5. 5.環境関連法規制や当社が約束したことを遵守します。
  6. 6.環境への取り組みを環境活動レポートとしてとりまとめ公表します。

2021年5月1日 改定
マツダオートザム福山南 北村自動車株式会社 代表取締役 北村太郎

57期環境経営レポート
ページ先頭へ